エロイプ体験談

巨乳自慢で肌もキレイな熟女と、埼玉で出会った

埼玉県春日部市在住 Y.Uさん(54歳)

好奇心もあったので、エロイプに参加していろいろやりとりをしていたら、思わぬ若い女の子と話が盛り上がってということもあって驚いていたのですが、それならば、会ってデートしましょうかということにはなりませんでした。こちらも、すっかりオヤジ年齢になっていますから、相手にとっては、お父さん感覚で面白かったのでしょうが、ただそれだけでした。

そんなエロイプもいいのですが、どんどんは話だけが進んでいって、相手の主導権で振りまわされているという感覚も否めませんね。こういう遊びで会いたいという気持ちもあっても、やはり、ある程度は年も近い方が、向こうも安心だし、こっちとしても、相手の疑問やそんなものに応えていくうちに、何だかエッチ方向で口説いていくということの気持ちがうせてしまうということもあるのかもしれませんね。

結局、そんなことでエロイプはあまり積極的にしないようになってしまいました。それよりは、出会いサイトの方がいい相手が見つかるかなと思いました。そうして、落ちついて掲示板を見ていると、「エッチな遊び相手を探しています。とはいっても、私も50歳を超えてしまっていいますから、贅沢は申しません。それでも、年の割りには、肌も体も若いと思っています。一緒に楽しむことのできるパートナーが欲しいです」という女性がいました。

こういう相手こそ、求めるところだと思いましたから、早速アプローチしてみました。私としても、「私もオヤジですけれど、体も心も若いつもりです。楽しく刺激的なエッチが出来れば…、そんな気持ちで会えることを楽しみにしています。年甲斐もなく、なんだか、ワクワクしてきました」ということを伝えてみました。

すると、相手からもすぐに返事がありました。「さすがにこの年ですから、若いつもりではいてもねぇ。でも、同じ年くらいなら、何だか安心できます。巨乳っていわれていましたから、胸は大きいです」なんていうことを返してきました。

こうして、メールで少しやりとりをしながら、会う約束がまとまりました。彼女は年齢の割には、いくらか派手目という印象の大きな胸を強調するような服装で来ました。それに、肌も、自分でもよく手入れしているみたいで、綺麗でしたから、何だか安心しました。そうして、一緒にベッドで過ごした時間は、お互いに年齢と時間を忘れていました。