エロイプ体験談

近くに女性が少ない鳥取も、エロイプなら出会いの数は無限大

鳥取県岩美町在住 J.Sさん(37歳)
大きな市町村や都道府県では、同じところに住んでいると言っても、端同士で、かなり遠い距離になってしまう場合もあります。これはもう仕方ないことなんですけれども、今はインターネットの時代です。そんな時にはインターネットで連絡をとったり、コミュニケーションをしたりすればいいのです。

実は私の場合はエロイプというものを中心にしています。このエロイプというのはエッチな話をSkypeで行う、というものなのです。エッチな話で興奮してしまいがちですけれども、私のエロイプはどちらかというと健全かもしれませんね。あまり女性に嫌がられたこともないですし。

さて、ここからは一般論ではなく実話なのですが、私の住む鳥取の端に住む女性から、エロイプをしようと誘われたことがあります。それはエロイプをしたい、というよりも同じくらいの年齢の人、特に男性と話をしたいということだったんです。ご存知のとおり、鳥取はかなり高齢化が進んでしまっているので、なかなか若い人同士が会話を交わすことも少ないのです。ですから、多くの30代か20代くらいの男女は、エロイプなどを使って話し相手を捜すことが多いようです。

私がエロイプをしているのは33歳の女性です。同じくらいの年齢なのですごく話が合いますし、なにせ気を使わなくてもいいのが楽です。鳥取のご老人たちと話をすると、どうしても遠慮してしまいがちですが、彼女は特別です。実際に会って食事をしたこともあるんですが、気さくで面白い方でした。ショートカットも似合っていましたしね。

近くであれば毎週のようにデートをしていたのでしょうけれども、遠距離になってしまえば仕方ありません。今は彼女とデートをする代わりにエロイプで楽しむのが日課になっています。もしかしたら週に1度会うより、毎日エロイプをしている私たちのほうが、密な関係になっているかもしれませんね。